ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後継者がいない…伝統のペニス型陶磁器を作り続ける職人夫婦。

2008/07/07(月) | 【NEWS】おもしろ
セラミック・ペニス
日本の農村でも後継者問題が取り沙汰されてるけど、ポルトガルでこんな素晴らしい伝統技術の後継者がいなくて困っているそうです。しっかりと型を取って、ビビットな色使いを施し、男らしいシェイプを描くのは何とペニスの陶磁器だそうで、こんなのが家にあったらちょっとしたオシャレになるかも。この伝統は是非とも受け継いでいってほしい。
【後継者がいない…ポルトガル伝統のペニス陶磁器。】


写真の夫Franciscoさんと妻CasildさんのFigueiredo夫妻は、ポルトガルに古くから伝わる手工芸の職人。その手工芸と言うのもセラミック製ペニスを作ると言ったもの。


この職人夫婦、もう30年以上も作品を作り続け、男性器の形を完全に再現する手法に定評がある。作品はドイツ、フランス、北アメリカ等へ輸出されるのがほとんど。


夫は今年で68歳、奥さんは65歳。リスボンから北へ100kmほど行ったところにあるCaldas da Rainha地方の貧しい村にお店を構えているそうだが、後継者がいない事に頭を悩ませている。


Franciscoさんは
『作品に刻まれている製作年月日を見ても、この伝統が受け継がれる可能性はまずないかもね。昔みたいな時代じゃもうないんだし。』
と残念そうに語る。


(以下、省略。)


この職人夫婦の作り出す見事なペニス商品は下からどぞ。
画像は全てクリックで拡大しますよ( ^ω^)


セラミック・ペニス01


セラミック・ペニス02


セラミック・ペニス03


セラミック・ペニス04


セラミック・ペニス05


セラミック・ペニス06


Portugal's Ceramic Penis Family Tradition。





≪ 関連記事 ≫

女性が喜ぶ唐辛子女性が進んで口にしたがるような、どう見てもアレな唐辛子。
クッ…!!こんな唐辛子にさえ負けてしまう僕って…そんな女性が大喜びの唐辛子が収穫されましたよっと。

卑猥過ぎる自転車誰がどう見てもアレな、リアル過ぎるマ*コを搭載したチャリ。
こんなのが普通に街中を走ってるなんて…ご婦人方も思わず赤面!…はしてないな、むしろ堂々としててワロタww

エロい形に育った野菜の中の性玩具!?完全にエロい形に育ってしまった野菜。
これは見事にいい形に育ちましたね。まさに育てる人の情熱に野菜が応えてくれたかたちでしょうか。しかもズルムケ。


スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。