ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超絶リアルなJoseph Seigenthaler氏による人型アート。

2008/04/29(火) | 【画像】ビックリ!
リアルな人体アート
現物に限りなく近づけるリアリズムなアート。しかもヒトの裏の表情と言うか、ちょっと怖い要素をプラスした造形士がいるそうで、その彼の作品を紹介。間違いなく家に置くオブジェとして考えたらとんでもない一品になる事は間違いなさそうです。ちょっとしたグロ好きな人ならこういう置物いいかもしれませんね。
画像は全てクリックで拡大されます( ^ω^)

アメリカ・シカゴに住むJoseph Seigenthalerさんと言う造形師による作品です。下の作品集を見れば分かる通り、病的な芸術でも非常に魅力的に感じる部分もあります。彼の制作期間は1985年から2000年までの間でした。


noggins01


noggins02
"Bullets" 1994


noggins03
"Celt" 1994


グロテスクで嫌悪感を抱く人も多いとは言え、目を逸らす事ができない程興味を引くのも確か。大声で助けを呼んでいるようなものや、私達をバカにするように嘲笑するような表情をしています。しかし、彫刻から私達へのメッセージが含まれているのは確かです。


noggins04
"Ivan Albright" 1997


noggins05
"Ancienne" 2000


noggins06
"Dogboy" 1994


Joseph Seigenthalerさんはテネシー州・ナッシュビル産まれ。1981年、メンフィス大学西洋画専攻科を卒業、美術学士を取得。彼の作品は個人コレクターと同様にアメリカ国内の博物館に展示されています。


noggins07
"Swimmer" 1996


noggins08
"Butthead" 1994


noggins09
"Jackson" 1985


noggins10
"Busta" 1994


この奇妙な彫刻の中から貴方の心の叫びを代弁していそうな彫刻はありますか?


noggins11
"Madame" 1994


noggins12
"Madadam" 1986


noggins13
"Urban Stack" 1986


noggins14
"Hottub" 1986


たるんだ皺まで超リアルに描かれていますね。それでいて、一つ一つの表情が何とも強烈です。シャブの一つでもキメてるんじゃないかってぐらいキてるのが、ちょっとしたパンクスピリッツを呼び起こしてくれそうな気もします。


■ソース:Get a Load of These Noggins。

彼のその他の作日はココから見れます。



≪ 関連記事 ≫

人体パン屋タイの人体パン屋のラインナップ。※画像閲覧注意!
何と言うすごいアイデア。こんなリアルに表現されると食べれるもんも…と言いたいところですが実は予約殺到。

壁アートちょっと気味の悪い壁面アート。
ブラジルにある廃墟?みたいなのを利用して描かれたかなり気味の悪いアート。夜にこれ見たら失禁しちゃいそうですね。

スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。