ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベラルーシ】酔っ払い女性、線路上で眠るも奇跡的に生還。

2008/03/18(火) | 【NEWS】ビックリ!
線路は続くよどこまでも送別会、歓迎会と年末年始とまではいかなくてもお酒を飲む機会が増えるこの時期。よくベンチの上でゴーゴーヘヴンした人とかゲロの上に顔をうずめて寝る人とかたまに見ます。え?財布?おま、僕そんな鬼畜じゃないですよ(目を泳がせて)。さてさて、ベルラーシでは酒飲んで寝て起きたら線路だった、って起きてから青ざめるようなニュースがありました。

【幸運な一日だった誕生日。】


ベルラーシに住むとある女性が、自身の誕生パーティーが終わった後に酔っ払って90mph(時速144km)の列車が通るレールで居眠りをしてしまい、何と彼女は奇跡的に生きていたと言った事件があった。


Svetlana Yurkovaさん(32歳)は
『ちょっと飲んだだけなのに眠くなっちゃって、丁度そのまま地面(と思っていた)に横になったの。すごい心地良くて気が付けば線路の上、私が寝てる間も普通に急行列車が通過してたって言うの。信じられなくて最初は聞きもしなかったけど(笑)医者は深い睡眠に陥ってずっと寝てたから、列車の音で目が覚め頭を上げて接触と言った最悪のケースにならなくて済んだって言うの。』
と話している。


ベルラーシ南西部のブレストで起きたこの事件、レールの間に寝ている彼女を見つけ救急隊を呼んだが、その時既にもう死亡としているものと思われていた。


Birthday girl's lucky escape。



やる夫の予感


と思ったけどタダの酔っ払いだったみたいですね。日本でも
お酒を飲みすぎちゃったお父さん方がホームから落下したりって
話もありますし、土曜の終電間近になればフラフラしながら目も
うつろなジェントルメンがお酒のスメルたっぷりでホームいますからね。


この女性も寝所が良かったのか、もう数cmズレたところに寝てたら
あぼんしてただろうに何て幸運の持ち主。もしかしたらこれを機に
お酒を控えるようにしたのかもしれませんね。


結論、
酔っ払ってその辺に寝っ転がると危ない。



≪ 関連記事 ≫

酔っ払いフェードアウト酔っ払い『あ、電車降りなきゃ!』→フェードアウト。
飲んで電車乗っちゃって、気付いたら降りる駅ってケースもよくあると思いますが、体と頭で考える事は付いていかず…。

酔っ払い酔っ払い過ぎて妙な動きを取るおじさん達。
飲み過ぎてハッピー過ぎて意識もトリップしちゃったおじさま方の酩酊っぷりったらもう。おかし過ぎて笑いがw

酔っ払い見えない壁にぶつかる酔っ払いの動画。
ダパンプよろしくゴキゲンなおじさんが僕らには見えない壁にクラッシュ!あまりに見事な卒倒っぷりに新手のパントマイムかと。

スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。