ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キモイほどカラフルなインド洋の魚色々。

2008/02/25(月) | 【画像】ビックリ!
キレイな海の生き物
深海ってただならぬロマンがあるよね!(親指を突き上げながら)。よくグロい深海魚って見るけど、今回みたいにカラフルな魚は結構珍しいかも。あまりに鮮やか過ぎる色合いはちょっと鳥肌が立つね。毒持ってるのもいるし。
【アマチュアカメラマンが撮った水中の生物。】

画像は全てクリックで拡大されますよ( ^ω^)


30年間に渡り一人のとあるカメラマンにより撮影されたとても美しい海の生物。リチャード・メリット氏はホリデー・スナップと題された数多くの賞を受賞。


彼の本業はプリマス大学でコンピュータ関係の講義をする講師。その傍ら、水中の野生生物を撮るアマチュアカメラマンとしても有名。


ジョーフィッシュ

卵をかかえ金色のメガネをかけたジョーフィッシュ。


ヒトデ

フリソデエビとヒトデ(左)とテングカワハギによるカラーバトル。

カサゴ

サンゴに隠れるシマヒメヤマノカミ。たてがみが特徴的。


『大きい魚、鮫、エイやイルカなんかは撮ってて楽しいね。でも小さい生き物を撮るのもたまらないパッションを感じるよ。熱帯雨林じゃサンゴ礁に満ち溢れてる光景はなかなか見る事ができないんだけどね。撮りたいものはまだまだあるし、色と形を強調するフレームを使って抽象的に見るって言うのも悪くないかも。』


タコ

大の男一人を殺傷する毒を持つヒョウモンダコ。


ウミウシ

紫色に輝くウミウシの交尾。


cuttlefishDM2502_468x309.jpg

近付いてみるとかなり精巧なヒメコウイカの目。


55歳のメリット氏は何とこれらの写真をデジタルカメラを使用せずに撮影している。全て小さい生物でそのクオリティがたまらないと話している。


広範囲の海で撮影しているのではなく、ほとんどがインドネシアとマレーシアの海で撮られている。潜るのに暖かい方がいい、との事だそうだ。


ウミウシ2

エラと触覚を突き出し、サンゴをむさぼり鮮明な発色をするウミウシ。


ハナビラクマノミ

イソギンチャクを利用して敵から身を守るハナビラクマノミ。


アマダイ


■ソース:The amazing photographs captured by an amateur photographer underwater。



≪ 関連記事 ≫

動物の接写色んな生き物の皮膚を接写した画像色々。
よくよく見るとあの動物もこんなかわいい模様をしてるんだな(ゴクリ)って画像いっぱい。ちょっとグロい部類に入るのかな?

スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
>zerobaseさん。 @珍遊人 / #-
ちょちょww
皆今zerobaseさんが上手い事言ったから静かにして!!
2008/02/27(水) 15:32 | URL | Edit
>tさん。 @珍遊人 / #-
いえいえ、こちらこそ。
英語の勉強もかねて海外の面白そうなネタを引っ張り出してきているので至らない点も多々ございます。
奄美大島に行った事があるとは僕にしてみると物凄く羨ましい事ですよ!海も魚も綺麗なんだろうなーと頭に思い描く事しかできません('A`)tさんのおっしゃるように近郊の千葉辺りならギリギリ行動範囲かもしれません。長期休暇取ってゆっくり行ければ最高なんですけどね(゚∀゚)
2008/02/26(火) 18:52 | URL | Edit
>tさん。 @珍遊人 / #-
おっと、これは失礼。
英文中のunderwaterやdeepと言った部位を少し意訳し過ぎたかもしれません。即修正しました。
ご指摘ありがとうございます。
2008/02/26(火) 10:06 | URL | Edit
@t / #-
深海魚、とありますが、全て浅いところに住んでますよ?
むしろ、深海だと水圧に耐えられないものばかりです。
2008/02/26(火) 00:35 | URL | Edit
@t / #-
>管理人さん
いえいえ、ご丁寧にありがとうございます。
英語のソースを和訳されていたのですね。
英語のunderwaterはただ「水面下」というだけで用いられることもあります。
These wonderful pictures of some of the most beautiful creatures of the deep are the work of just one photographer
確かにソースにはdeepとありますね。
実際に魚の図鑑を見てる人でないと間違えるのも無理ないです。
和訳は完璧でしたのである程度の知識はお持ちかとお見受けします。
私は奄美大島で潜ったときにテングカワハギを掬いました。
管理人さんも海に行ってみてはいかがでしょう。
千葉くらいでも、南国と比べても遜色ない魚が見つかりますよ。
2008/02/26(火) 18:04 | URL | Edit
@zerobase / #-
そうね・・・人間も派手なのは毒持ってんもんなぁ~
2008/02/26(火) 21:09 | URL | Edit
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。