ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メキシコ】太っても世界一、痩せても世界一の男性。

2008/02/17(日) | 【NEWS】ビックリ!
fattest manこの珍遊記でも色んなファットな方々を紹介していますが、この度ものすごいギネス記録を樹立したファットマンがいるそうで。何と570kgの体重から230kgの減量に成功したと言うとんでもない人。まさに太っても世界一、痩せても世界一ってタイトルと続けて何回も言うなって感じですかそうですか。ちなみにモザイク部分はアソコでも何でもありませんよ。

【世界最重の男性、体重の半分の減量に成功。】


ギネスにも記録されている世界で一番体重の重い男性が、低炭水化物ダイエットによって何と体重半分のダイエットに成功した。


北メキシコに住み体重が約570kgもあったマヌエル・ウリベ氏(42歳)は、全国テレビ放映により視聴者の涙を誘い、アメリカとヨーロッパから医師が彼の為に駆けつけた。


イタリアとスペインの医師が彼の元を訪れ、寝たきりのままでも胃のバイパス手術をしようと提案。しかしウリベ氏は拒否、その代わり高たんぱく質、低炭水化物ダイエットを提案したアメリカとメキシコの医師と栄養士を受け入れた。


今週、ウリベ氏は減量前の570kgから半分以下に近い230kgの減量に成功したと発表。


wfatty.jpg
クリックで画像が拡大されますよ( ^ω^)
かつて570kgもあった時のウリベ氏。


ウリベ氏はこれに対し、モントレーにある自宅で今まで世話をしてきてもらった婚約者と母親と共に盛大なパーティーを開くと喜びを表明。外に出て散歩したいとも話している。


未成年時におよそ114kgもあり丸々と太っていた彼は、この後四年間で約122kgの減量を狙う。


3月9日、ウリベさんはベッドから体を移動させる特殊なクレーンを用いてドライブをする予定。昨年、体重約392kgまで減量に成功し町の楽隊とシャンパンでお祝いをしていた。


1992年頃から風船のように体が膨らみ始め、2002年から寝たきり。2006年には何か腸に詰まり物でもあるのではないかと思い診察してもらったが、何も発見できなかったと話している。


(以下、省略。)


■ソース:Diet halves body weight of fattest man。



婚約者がいた事に驚きですが、何とかして標準体型に戻って
幸せな生活を送ってほしいもんです。とは言え、一度太って広がって
しまった皮膚ってのは戻りませんからね。やっぱり切除とかするのかな?



≪ 関連記事 ≫

too fat【ドイツ】128kg男性『もう怒ったぞ!』→妻に乗り妻死亡。
太った人らしい怒り方ですが、乗られた人はたまったもんじゃありません。そら骨何本も折って息できなくなりますわな。

世界最重の女性世界“最重”の女性に隠された悲劇のストーリー。
体重何と450kg。この辺でももう想像もつかない世界ですが、その体重が故に悲しい人生となってしまいました。

スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。