ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スイス】007の世界が現実に。水中に潜れる車を開発。

2008/02/16(土) | 【NEWS】ビックリ!
body sushi
漫画や映画の世界でよく出てくる水中に潜れる車。世界中から愛されるスパイ映画でも登場し、それにインスパイアされた人が約1千万ユーロ(150億円)をブッこんで実際に作っちゃったってお話。こんだけかかってれば普通に買うのは無理そうですね。
【ジェームズ・ボンドの世界を現実に。水中カー開発。】

画像は全てクリックで拡大されますよ( ^ω^)


映画007の、私が愛して止まない世界最高のスパイ、ジェームズ・ボンド。彼の乗るスポーツカーは水中に潜る事も可能でヘリを撃とすミサイルまで装備していた。


主演のロジャー・ムーア氏はイギリス国内でも彼を越えるスパイはいないだろうと大人気な事に対し、スイスの車会社は作中に出てきたような本当に潜水艦になる車を開発した。もちろんミサイルは搭載していないが。


nc2.jpg


世界初、この水中に潜れる車は『sQuba(スクーバ)』のコードネームで呼ばれ、軍用車と違い水面下10mでも安定した『フライト』が行える。


開発者の一人、ランク・リンダークネット氏(52歳)は
『この30年間、本当に水中の中を走れる車ができるんじゃないかと思っていたよ。遂に夢が叶ったよ。』
と話している。


この車は来月開催されるジュネーブ・モーターショーに出展される予定。


nc5.jpg


『完全に防水である程度の水圧下でしっかりと操縦できるかどうか、非常に難しい問題もあったけど、それもクリアして水中を泳ぐ魚みたいな車ができたんだよね。』
と語る。


スポーツカーからエンジンの燃焼部を取り出し、電気モーターと交換。モーターは三つリアに設置し、その内の一つが水陸両用で可動できるよう工夫されている。


nc3.jpg


スキューバダイビングで使用されているものと同様の酸素ボンベを通し、運転手も同乗者も水中下で呼吸は可能になる。とは言えオープンカーの為、濡れは覚悟しておかないといけないが。


ランク・リンダークネット氏は
『安全面から考えても、乗り手が緊急時にすぐに脱出できるようにあえてオープンカーにしたんだよね。』
と話した。


■ソース:Swiss company creates underwater car like James Bond's。
⇒画像引用元:ジェームズ・ボンドの世界が現実に!!!水中に潜れる車。





スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。