ようこそ珍遊記へ

スポンサーサイト

--/--/--(--) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アメリカ】車のエンジン部に入り込み大火傷の猫、顔面手術へ。※動画あり

2008/12/11(木) | 【NEWS】ビックリ!
猫の大手術
寒い~夜だか~ら~なんて僕の青春でもあるTRF、今どうなってるか分からない小○ファミリーとも言われていたあの方々の歌を思い出すところで、クリスマスキャロルだセッ○スだ何だ騒いでるカポー共のヌルさ加減に半ば呆れ果てています。ってな訳でこんな寒ければ猫だって暖かいところ行きたいって話で、しかも大好きな車のボンネットの上ってそりゃ行くしかないでしょーが。子供がまだ食べてるでしょーが。それにしても猫ってボンネットの上が大好きなのよね。傷つけられてたりして発狂寸前に陥る人もいるだろうけど…ww
【エンジンで大火傷の猫、顔面手術。】


フサフサの体毛を蓄えた4歳になるメス猫エドガーが、マサチューセッツ州ウィンスロップにある自宅で3日程雲隠れし、発見された時には皮膚の一部が頭から垂れ下がっていた状態だったと言う。


獣医によるとこの猫、暖を取ろうと車のボンネットへ近付いた事がきっかけだと言う。


運ばれた動物病院の執刀医エリザベス・ケンドリック氏によると
『飼い主の方が発見時にエドガーの顔を見た時、あまりの酷さに倒れてしまったそうです。』
と惨状を物語る。


顔面火傷の猫
顔面に火傷を負ったものの、修復オペで無事助かったエドガー。


即座にエドガーは動物病院へと運ばれたが、幸いな事に神経はそれほど損傷していなく大きな出血も見当たらなかったそうだ。1時間に渡るオペは無事終了し、顔面皮膚接合に成功、順調に回復が進んでいる。


飼い主は
『今はゴロゴロと喉を鳴らし、頭をすりつけてくるので頭を撫でてあげました。皮膚を舐めようとする仕草をしたりもします。ほんとに今回みたいな事は見た事もありませんでしたよ。』
よ話す。


■エドガーの動画はこちら。




Cat's face re-attached by vet。



うひゃー…何ともこれは痛々しいですね…見てるだけでも…
大事に至らなくて良かったですね(´・ω・`)



≪ 関連記事 ≫

右耳を巻き込まれた犬【イングランド】シュレッダーに右耳を巻き込まれた犬。※画像閲覧注意
シュレッダーに興味を持っちゃって近付いてみたら耳が持っていかれた、話しだけでも痛々しいワンちゃんです。

ほじくりタトゥー肉をほじくって模様にする痛々しいタトゥー。
Mっこにはたまらないタトゥーです。模様を入れるどころか肉をほじくり出して模様にしちゃってます。

回転扉の事故ガラスの回転扉で起きた珍しいけど痛々しい事故の映像。
ガラスが粉々になってますね。強風が原因でこうなったとか書いてあったけど…それにしても不運。


スポンサーサイト
■旅の寄せ書き
スパム防止の為、リンクを記載する場合はhを抜いてttp://からお願いします。
↓寄せ書き投稿
URL:
コメント:
編集パス:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
■トラックバック
相手してやってもいいよという物好きな方は気軽にトラックバックを使って下さい♪
トラックバックを送る際は必ず珍遊記にリンクした記事でお願いしますね☆
↓この記事のトラックバックURL
【HOME】
[ FC2 PR ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。